記事一覧

カジノは犯罪を増やす (イリノイ大学教授、Earl Grinols氏)



前回のエントリーを見てもわかるように、筆者はカジノ建設の反対派である。しかし筆者のような一般人がいかにカジノの有害性を説いたところで、あまり説得力を持たないかもしれない。

そこで今回は、学術的な権威の力を借りてみることにした。

今回紹介するのはCasino gambling cause crime(カジノは犯罪を増やす)というタイトルの英語の論文である。

筆者は当時イリノイ大学の教授であったEarl Grinols氏。アメリカではかなり有名な経済学者であるらしい。
※現在はベイラー大学の名誉教授。

要するに、虎の威を借りる作戦である。
外国の有名な学者が書いた論文を持ってきて翻訳し、それを反対論の根拠にしようというわけだ。

以下の記事では原文と訳文が交互に示される。
ソースの英文のみを直接読みたい方は、こちらのページのPDFを参照していただきたい。

目次

▲PAGE TOP
 ・1:Introduction(導入)
 ・2:Connecting casinos to crime(カジノと犯罪の関連付け)
 ・3:Connections in crime statistics(犯罪統計上の関連付け)
 ・4:Implications(研究結果の持つ意味)
 ・最後に
 ・追記

1:Introduction(導入)

▲INDEX
Evidence is converging to show that casino gambling causes significant increases in crime. Taken altogether, casinos impose crime and other costs paid for by society, including those who do not gamble that exceed their benefits and represent substantial burdens on nearby populations.

カジノの存在が著しい犯罪の増加に繋がるという証拠が集まっている。全体的にみてカジノは犯罪やその他のコストを増大させる。そしてそれらのコストは社会においてカジノに関係のない人々も払わなければならず、カジノによって得られる利益よりも害のほうが大きい。カジノ周辺の住民は相当な負担を負わなければならない。

Because casino gambling fails a cost-benefit test, policymakers should give serious consideration to options that include imposing taxes equal to the costs casinos impose, restricting casino expansion, or banning casino gambling altogether.

得られる利益よりも害のほうが大きいのであるから、政策担当者はカジノに掛ける税を増加させて害を埋めあわせたり、カジノの増加を抑制したり、さもなくばカジノの営業を完全に禁止してしまう必要がある。

Crime is affected by multiple factors including population density, the number of males and females in different age ranges, percent of each age group that is white, percent of each age group that is black, per capita personal income, unemployment rates, per capita retirement compensation, per capita income maintenance payments, and “shall issue” laws (giving citizens the right to carry concealed firearms upon request—believed to reduce certain crimes).

犯罪発生率は様々な要素の影響を受ける。たとえば人口密度とか、性別や年齢別の白人・黒人の割合だとか、世帯収入、失業率、退職金の平均額、生活保護の支給額、市民に銃火器を携帯することを認める法律の有無などが発生率に影響を及ぼす。

Hence, connecting any single cause such as casinos to crime is controversial. Only by careful sifting of a large body of data can the effect of casinos be separated from other causes to establish a connection. The gambling industry naturally has resisted research findings that link casinos to more crime.

このため、カジノのような単独の原因を犯罪と結びつけようとする議論はいつも激しい論争となる。多くのデータを注意深く選別し、他の要因による犯罪率への影響を切り離すことによってはじめて、カジノと犯罪増加の関係を把握することが可能になる。賭博産業はカジノと犯罪とを関連付けようとする研究には強い抵抗を示すことが普通である。

How do researchers conclude that casinos cause crime and measure the size of the connection? There are two ways—the first is through the study of problem and pathological gamblers and the second is through statistical analysis of crime numbers.

では我々の研究はどのようにしてカジノが犯罪増加に関係があると結論付けたのであろうか? それには2つの根拠がある。1つはいわゆる病的ギャンブルに関する研究の成果であり、もうひとつは犯罪数にかかる統計の分析結果である。

2:Connecting casinos to crime(カジノと犯罪の関連付け)

▲INDEX
Pathological gambling is a recognized impulse control disorder of the Diagnostic and Statistical Manual (DSM-IV) of the American Psychiatric Association.

病的ギャンブルとは、アメリカ精神医学会による精神障害の診断と統計マニュアル(第4版)(DSM-IV)における定義に基づく衝動制御障害の一種である。
Wikipedia記事へのリンク:精神障害の診断と統計マニュアル 衝動制御障害

Pathological gamblers (often referred to as “addicted” or “compulsive” gamblers) are identified by a number of characteristics including repeated failures to resist the urge to gamble, loss of control over their gambling, personal lives and employment, reliance on others to relieve a desperate financial situation caused by gambling, and the committing of illegal acts to finance gambling.

病的ギャンブラーとは、しばしばギャンブル依存症患者と呼ばれる人々のことである。病的ギャンブルによって人格に障害を生じたものは、賭博をしたいという衝動を抑えることができなくなり、自分自身を自制できないまま病的に賭博を繰り返すため、私生活や雇用に問題を生じる。これらの者は経済的な苦境に陥り、他者の経済支援に依存するようになり、さらには賭博の原資を得るために犯罪に手を染めることもある。

Problem gamblers have similar problems, but to a lesser degree.

また(病的ギャンブラーとはいえないまでも)程度は小さいながら似たような問題を抱える問題のあるギャンブラーもいる。

It appears that a significant proportion of the population is susceptible to problem or pathological gambling. The latent propensity becomes overt when the opportunity to gamble is provided and sufficient time has elapsed for the problem to manifest.

おそらくはかなりの比率の人々が病的ギャンブラーや、問題のあるギャンブラーになる資質をもっていると考えられている。そしてその潜在的に病的因子を持つ人々が継続的に賭博を行う機会を与えられると、それから充分な時間が経過した後に初めて病的ギャンブルが発症する。

Pathological gamblers are generally found to constitute one or two percent of the population and problem gamblers are another two to three percent in areas where casino gambling is available. One study of gamblers in treatment found that 62 percent committed illegal acts as a result of their gambling.

カジノが利用可能な地域では、病的ギャンブラーは1%~2%の割合でみられ、また問題のあるギャンブラーは2%~3%の割合でみられる。病的ギャンブルの治療におけるある研究では62%の患者がギャンブルの結果として違法行為を行っているとされる。

Eighty percent had committed civil offenses and 23 percent were charged with criminal offenses, according to a 1990 Maryland Department of Health and Mental Hygiene survey. A similar survey of nearly 400 members of Gambler’s Anonymous showed that 57 percent admitted stealing to finance their gambling. Moreover, the amounts are not small.

また1990年にメリーランド州の健康・精神衛生省が行った調査によれば、80%が民事上の違法行為を犯し、23%は刑法犯として訴追されているという。400人近い病的ギャンブラーに匿名で行った同種の調査によれば57%が賭博の資金を得るために窃盗罪を犯しているといい、さらにいえばその金額も決して少なくないという。

On average they stole $135,000, and total theft was over $30 million, according to the testimony of Henry Lesieur from the Institute of Problem Gambling before the National Gambling Impact Study Commission, Atlantic City, New Jersey, January 22,

1998年1月22日にニュージャージー州のアトランティックシティで行われた国家賭博影響研究委員会でHenry Lesieurが発表したところによれば、病的ギャンブラーは平均で13万5000ドル(1350万円)を盗み、被害総額は3000万ドル(34億2000万円)を超えるという。

The National Gambling Impact Study Commission’s final report issued in June 1999 reported that among those who did not gamble (had not gambled in the past year) only 7 percent had ever been incarcerated. In contrast, more than three times this number (21.4 percent) of individuals who had been pathological gamblers at any point during their lifetime had been incarcerated.

その国家賭博影響研究委員会が1999年に出した最終報告では、過去1年に賭博を行っていないもののうち投獄された経験があるものはわずか7%であるのに対して、一生に一度でも病的ギャンブルの患者となったことのあるものは、21.4%が投獄された経験があったという。

By tallying up the crimes of pathological and problem gamblers and the associated costs to society
such as police, apprehension, adjudication, and incarceration costs, the average crime costs to society of an additional pathological or problem gambler (some studies lump the two groups together) can be determined. Recent research using this methodology found that an average problem gambler costs society $10,112 per year. Crime costs constituted $4,225, or 42 percent of these costs.

病的ギャンブラーや、問題のあるギャンブラーを監視し、逮捕し、裁判を行い、投獄するためのコストを足しあわせることで、彼等によって増加する社会的コストの額を決定できる。この方法を用いて最近行われた調査では、これらのギャンブラーによって増加する社会的コストは一年間に10112ドル(約115万円)にものぼる。犯罪によって生じるコストはそのうち42%にあたる4225ドル(約48万円)である。

Combining crime costs with studies of the prevalence of pathological and problem gamblers provides crime cost figures for society as a whole. Using the numbers just reported implies annual crime costs per adult capita of $57. This number can be compared to the crime costs found by the second method for relating casinos to crime.

病的ギャンブラーや、問題のあるギャンブラーの増加により生じる犯罪コストの研究結果を総合して計算されたものが、ギャンブラーによる犯罪による社会的コストである。これまで紹介してきた調査結果を使用して増加する犯罪コストを求めると成人一人当たり年間57ドル(約6500円)になる。そしてこの数字は第二の方法(犯罪数にかかる統計の分析)によって求める「カジノと関係する犯罪コスト」と比較照合することができる。

3:Connections in crime statistics(犯罪統計上の関連付け)

▲INDEX
A second way to determine the effect of casinos on crime is to look directly at aggregate crime statistics. The advantage is that the method is direct, and — because it looks at more than just the crimes committed by problem and pathological gamblers — it is moreinclusive.The disadvantage is that it may be difficult to distinguish the share of crime related to casinos from the mass of other crime that occurs all the time.

カジノが犯罪率に与える結果を算出する第二の方法は、多数の犯罪統計を直接参照することである。この方法の利点は、病的ギャンブラーや問題のあるギャンブラーによって犯された犯罪のみではなく、カジノによる治安・風紀の悪化などによる犯罪増などをも直接的・包括的に分析できることにある。反対に短所としては、カジノによる犯罪と、それ以外の理由による他の多くの犯罪とを区別することが困難である点がある。

Moreover, the period of major casino expansion in the United States, 1991 to 1997, coincides with a period of secular decline in overall crime rates. It would be tempting, therefore, to observe that crime fell after a particular casino was introduced and from this conclude that the casino reduced crime. Such a conclusion would be false if crime would have fallen even further without the casino.

さらにカジノの建設が広がった1991年から1997年頃の時期は、アメリカ全土で世俗的な犯罪が減少した時期と重なる。そのため特にカジノの導入後に犯罪が減少したという結果だけをみると、カジノ建設によって犯罪が減少したという結論が導かれそうだが、しかし犯罪率の低下はカジノの建設前からの傾向である。そのためこの結論は否定されるべきである。

Finally, because the effects of casinos might differ in different areas, a large sample could be needed to reliably pinpoint the truth.

結局のところ、カジノのもたらす影響は地域によって異なるため、信頼性のある正しい分析結果を得るには、多くのサンプルを分析する必要がある。

In research conducted at the University of Illinois and the University of Georgia and with these factors in mind, Professor David Mustard, Cynthia Hunt Dilley and I examined crime statistics for all 3,165 counties in the United States for twenty years beginning with year 1977. This period covers the period of introduction of casinos in all counties with the exception of Nevada.

こうした考えのもと、David Mustard教授、 Cynthia Hunt Dilley女史とともに、私(Earl Grinols, 当時のイリノイ大学教授)は、イリノイ大学・ジョージア大学の主導のもとで、アメリカ合衆国の全3165の郡における、1977年から20年にわたる犯罪統計を調査した。この期間はネバダ州を除くすべての地域でカジノが建設され始めた時期である。
訳注:ネバダ州はラスベガスの所在地。

The number of offenses for the 7 FBI Index I offenses (robbery, aggravated assault, rape, murder, larceny, burglary, and auto theft) was obtained from the Federal Bureau of Investigation’s Uniform Crime Report County-Level Data. We obtained U.S. Census Bureau data to control for demographic, income, and other variables that affect crime as described above.

強盗、加重暴行、強姦、殺人、窃盗、不法侵入、自動車盗の七種の個人犯罪の各郡における件数については、FBI統一犯罪統計報告書から取得している。またアメリカ国勢調査局からは、人口統計、収入統計その他の犯罪発生率に影響を与えるであろう各種の統計を入手した。
訳注:FBI Index I offensesの”I”はIndividualの意味。Bussiness(B)やGovernmental(G)ではないものを指す。

In all, 54 variables were used to explain observed crime rates across counties and time. We included twelve variables to identify each year from four years before the opening of the first casino in a county to seven years after it opened.

この期間、各郡の統計に犯罪率のデータに影響するであろう数値は全部で54種あった。我々はそのうち12種の数値について、その郡にカジノが建設される4年前から、カジノ開業の7年後までの推移をまとめた。

These variables serve two purposes: first, to distinguish the effects of casinos from changes that preceded their opening (for example, a trend toward lawlessness conceivably could lead to the opening of a casino instead of the reverse); and second, to sort out the timing of those effects (an effect on crime could take several years to develop).

これらの数値は、2つの目的のために使用される。第一にはカジノの開業以前から存在していた変化を、開業後の変化と区別するためである。たとえば、カジノが建設されるような場所には、建設以前から風紀・治安が悪化していく傾向が見られているかもしれない。この場合には因果関係が逆であるから、カジノの建設によって犯罪が増えたとはいえない。また第二には治安・風紀に影響が生じた時期を明らかにするためである。ただし犯罪発生率への影響は現れるまで数年かかることもある。

To find the dates for the first casino opening we contacted state gaming authorities in every state, called casinos to find opening date or date of first Class III gambling (in many cases casinos began as bingo halls and switched at a later date), and used casino internet website information to check our data. The final list was verified against the annually produced Executive’s Guide to North American Casinos

カジノが開業した日付を明らかににするために、我々は各州の賭博行政に携わる役所と連絡をとり、カジノの開業日、ないしビンゴホールなどにクラスⅢの賭博ゲーム設備が置かれた日付を調べた。これらの設備を設置した店は最初はビンゴホールなどとして開業していても、後にカジノに転業する可能性が高いためである。これらの情報はインターネット上のウェブサイトの情報などで検証され、最終的なリストは毎年作成されるExecutive’s Guide to North American Casinosの内容と照合して確認されている。
訳注: Class III gamblingとはビデオポーカーやスロットマシンなどの金銭のペイアウトをともなうマシンや、ブラックジャック・ルーレットなどの賭博を行う設備をいう。
Wikipedia記事へのリンク:Indian Gaming Regulatory Act (Three Classes)(※英語版)


What did the data show? If property crime rates are indexed so that 1982 rates equal 100, then the crime rate in 1991 was 99.7 in non-casino counties (counties that had no casinos during the sample period) and 100.3 in casino counties (counties that had a casino by the end of the sample period)—hardly any difference at all.

このデータによって示されるものは何だろうか? 1982年の財産犯(窃盗や横領などをいう)の犯罪率を100とする固有の指数によると、1991年の指数は標本期間にカジノを設置しなかった郡では99.7、カジノを設置する郡では100.3とほとんど全く変化がなかった。

However, looking at the same statistic just 5 years later—after casinos had begun operation in the majority of the casino counties—the indexes stood at 82.1 for non-casino counties and 93.7 for casino counties. The raw data suggests, therefore, that 12.4 percent of the crime observed in casino counties would not be there if casinos were absent. A similar picture emerges for violent crimes.

それからちょうど5年が経過した1996年の統計では、カジノを設置しなかった郡の犯罪率は82.1に下がっているのに対して、カジノを設置した郡の犯罪率は93.7までにしか下がらなかった。この時期に多くの郡でカジノが開業したためであろう。つまり、この生データーは、この12.4%の犯罪はもしカジノがなければ起こらなかったのではないかということを示唆している。同様の構図は(加重暴行などの)粗暴犯にもみられる。

The problem with using the raw data for inferences, however, is that direct comparisons do not take into account other factors that cause crime. For example, it is well known that crime rates in areas of high population density tend to be higher. What if between 1991 and 1996 casino counties experienced a significant increase in their population density? Then some or all of the increased crime might be due to the change in population density.

ただし、この生データーには犯罪率を増加させる他の要素を考慮していない点で問題が残るものである。たとえば人口密度が高い地域では犯罪率が高くなることは良く知られている。もし1991~1996年の期間にこれらの郡の人口密度にかなりの増加がみられていたら、増加の一部ないし全部が人口が増えた影響によるものだろう。

This is why we collected so many other variables and applied regression procedures to them—to separate the changes in crime rates due to other factors from those due to casinos. After adjusting for all of the other factors an interesting picture begins to emerge, both in terms of the share of crime in casino counties due to casinos and in terms of the pattern that the changes take over time.

他の要因による犯罪率の増減を切り離すために、我々は多くの数値を考慮して回帰分析を行った。他の全ての要素を考慮した調整を加えた結果、カジノができたことによって増加する犯罪の割合と、カジノの建設後に犯罪率がとるパターンの双方について興味深い結果が浮かびあがってきた。

This is why we collected so many other variables and applied regression procedures to them—to separate the changes in crime rates due to other factors from those due to casinos. After adjusting for all of the other factors an interesting picture begins to emerge, both in terms of the share of crime in casino counties due to casinos and in terms of the pattern that the changes take over time.

他の要因による犯罪率の増減を切り離すために、我々は多くの数値を考慮して回帰分析を行った。他の全ての要素を考慮した調整を加えた結果、カジノができたことによって増加する犯罪の割合と、カジノの建設後に犯罪率がとるパターンの双方について興味深い結果が浮かびあがってきた。

The data indicated that compared to non-casino counties there was no discernable difference in crime in casino counties in the four years before casinos opened that could be attributed to the opening of casinos. (We did not expect to find any connection, so this finding was anticipated.)

まず、カジノがオープンされるまでの4年間については、将来カジノが建設される郡であるか否かで犯罪率に変化はみられない。我々は当初からカジノが建設される予定があるかどうかで犯罪率が変わることはないと考えていたので、この結果は予期されていたものでもある。

For the first three years after the casino began operation, there also was no significant impact on crime rates. After the third year, however, crime rates began to rise in casino counties compared to those without casinos. By 1996, casinos accounted for 10.3 percent of the observed violent crime and 7.7 percent of the observed property crime in casino counties.

また、カジノの開業から3年のあいだは犯罪率に目立った影響はない。しかし、カジノの建設から3年がたつと、その犯罪率はカジノが建設されていない郡に比べて上昇を始める。1996年までにカジノは粗暴犯を10.3%増加させ財産犯を7.7%増加させたと考えられている。

Estimates of the share of crime attributable to casinos in 1996 for individual crimes ranged from 3 to 30 percent. Auto theft was the highest, followed by robbery at 20 percent. (In addition to stealing an auto, auto theft includes taking parts of cars such as expensive sound equipment as well as things from or out of a car.) The values for the rest of the offenses were between 3 and 10 percent.

犯罪の種類ごとに差はあるものの、1996年には個人犯罪の割合はカジノのために3%~30%増加した。増加値が最大の割合(30%)だったのは自動車盗であり、次が20%増えた強盗である。(自動車盗には、自動車そのものを盗む場合の他に、高価なカーステレオなどの装備、タイヤなど自動車内外のものを盗む場合を含んでいる)。その他の犯罪も、それぞれ3~10%ほど増加した。

Criminologists in the late 1980s and early 1990s estimated the cost per victimization of different types of crime. Applying these costs to the implied number of offenses for each crime due to casinos and dividing by the adult population of casino counties in 1996 produced an annual cost for casino-induced crime of $63 per adult capita.

犯罪学者は1980年代の終わりから1990年代の初めにかけて異なる種類の犯罪被害によって生じるコストを見積もっている。カジノによって増加する犯罪のそれぞれについてそのコストを適用し、これをカジノを設置している州の人口で割ると、カジノは犯罪によるコストを成人一人当たりで63ドル(約7200円)増加させているとみられる。

This figure is remarkably close to the $57 per adult capital crime cost estimated through the study of problem and pathological gamblers.

この63ドルという数字は、病的ギャンブラーについての研究から算出された主要な犯罪コストの数字である57ドル(約6500円)とかなり近いことにも注目してほしい。

4:Implications(研究結果の持つ意味)

▲INDEX
Critics of casino gambling point to a number of social costs. In addition to the direct governmental costs of regulating casinos and providing social services occasioned by gambling, these include the costs of bankruptcy, illness, suicide, harm to families, lost economic output, and crime, among others. Research to pinpoint the size of many of these costs is still in its beginning stages.

カジノ賭博に対する批判は、その社会的コストに対しても向けられている。政府がカジノの営業を直接に規制するコストのほかに、賭博にともなう倒産、疾病、自殺、家族間の不和や、経済生産活動の喪失、そして犯罪やその他に対策するための社会福祉事業を提供するコストが生じる。これらのコストを算出するための研究は、まだ始まったばかりである。

This paper has described research directed to determining the costs to society of just seven Index I crimes tracked by the FBI: Larceny, burglary, auto theft, robbery, aggravated assault, rape, and murder. In areas with casinos the evidence points to costs of $63 per adult per year, but other studies that provided information on all of the social costs of casinos suggest that the total is over $100 per adult annually. Estimates implying costs of $135, $150 and more0 are common.

このレポートにおける社会コストの増加額の計算はあくまでFBIの定義する7種の個人犯罪(窃盗、不法侵入、自動車盗、強盗加重暴行、強姦、ならびに殺人)のみである。証拠のある範囲ではカジノのある地域で増加する成人一人当たりのコストは年63ドルであるが、他の研究では社会全体に生じるコストは成人一人当たりの増加コストは年に100ドル(約11400円)を超えるとするものが多い。135ドル(約15400円)、ないし150ドル(約17100円)以上とすることも普通である。

The social benefits of casinos are the increase in profits and taxes from casinos (casino profits and taxes less lost profits and taxes of other businesses due to casinos) plus the convenience value to consumers of having casinos nearby compared to having to travel greater distances to gamble.

カジノが存在していることによって生じる社会的利益はカジノの収益とその納める税金、ならびにカジノが近場に存在しているため遠く離れた場所まで賭博に行かなくても良いことによる便益である。ただし、カジノが存在していることで他の産業に生じる減益や、これにともなう税収減はここから引かなくてはならない。

Research on the benefits suggests they are no larger than $40 per adult annually. Thus casino gambling fails a cost-benefit test by a substantial margin in terms of Index I crimes alone.

カジノによって得られる社会的利益の総額は成人一人当たり40ドル(約4600円)を超えないという調査結果がある。そのためカジノは個人犯罪の増加によって生じるコスト増だけでもかなりの差で収支がマイナスになってしまう。

It is an open question whether casino gambling can be offered in a way that allows citizens who could gamble without harm to do so while at the same time preventing the creation of problem and pathological gamblers and the social costs already discussed.

市民にカジノで賭博をすることを認めたまま、人々が病的ギャンブラーや問題のあるギャンブラーになることを防ぐことができるかどうかの議論は未だ解決をみていない。一方コストの問題については既に今議論されたような結論が出ている。

If casino gambling cannot be offered in ways that cause it to pass a cost-benefit test, then banning it (as was done until recently) is preferable on economic terms. In light of the evidence, what can a responsible legislator do?

このようにカジノは利益よりも害が大きいものである以上、近年までなされてきたように経済的にはこれを禁止するのが望ましいといえる。このような明らかな証拠があるとき、責任ある立法者はどのような政策をとるべきだろうか?

One option is to tax casinos by an amount equal to the costs that they impose on society. As we have shown, a conservative estimate of these costs is about $100 annually per nearby resident. Since casinos typically take in revenues of around $200 per adult each year from nearby residents, such a tax would represent 50 percent of casino revenues.

1つの方法は、カジノにが社会に与える害と同程度の税、たとえば周辺の住民一人あたり年に100ドル(約11400円)を課すことである。平均的なカジノは周辺の住民から年間に成人一人当たり200ドル(約22800円)の収益を得ているので、こうした税はカジノの収益の50%に上るだろう。

If social costs were ultimately determined to be higher, required taxes would also be higher. With
taxes imposed at the appropriate level, some casinos would go out of business. Only those casinos that could pass a cost-benefit test by compensating society for the damage they do would operate.

もし社会コストが最終的にさらに大きいことが判明した場合には、必要とされる税もさらに大きくなる。適正な水準で税を貸した場合、多くのカジノは経営が困難になるだろう。このようにすることで害よりも利益のほうが大きいカジノのみが経営を続けることになるのである。
訳注:論文はここで終了。最後に筆者がイリノイ大学のアーバナ・シャンペーン校で経済学を教える教授であり、同大学のInstitute of Government and Public Affairs(IGPA)のメンバーであることが付記されている。なお原文の4ページ目は「IGPAのウェブサイトを訪問してね」と奨める旨の宣伝文である。

最後に

▲INDEX
今回紹介した論文はアメリカ合衆国についてのものであり、既にパチンコやパチスロなどが氾濫している日本社会では当てはまらない部分も多い。また論文自体が2000年に発表されたものであり、かなり古いものであることにも留意が必要である。

しかし、それでもカジノが犯罪を増やすという証言は重要である。

前回のエントリーでも論じたように、まだまだ日本は外貨に困っているわけでは無い。お金を稼ぐ手段ならば他にもあるのに、どうしてカジノのように害の大きい手段に頼らなければならないのだろうか? お金を稼ぎたいならば真っ当な方法で稼げばいい。これが筆者(今回は訳者だが)の持論である。

追記

▲INDEX
なお、訳文内でドルの数字を日本円に直すときには、1ドル=114円のレートを使用している。
これは2016年12月5日に調べた数値である。
スポンサーサイト

コメント

No title

修正履歴: アップロード12時間後に絵のスペルミスを修正。 しょうもないミスが多いのを何とかしたいです。

コメントの投稿

非公開コメント